Skip to main content
通貨

ジグの部品を製作中 -その2-

 -  そのほか
この部品を完成後に使用して気付いたこと。
  • 1mm幅の板を購入したが、幅の厚みが1mm以上あり、6枚で約7mm位になる。
  • 紙ヤスリで幅厚みを調整したが、逆に厚みの一枚一枚毎変わり、逆に精度が悪くなる。
  • プラ同士だと摩擦係数が高くなるのか?引裂き時に無駄な力が必要となり、引裂きで失敗が多くなる。
と作業効率を求めて部品作成したのに逆に効率悪くなる始末。
悩み悩んで予算が全くない中、ある程度精度良いステンレス製(自宅は湿気多く錆びるから)のスペーサーを購入。

結果、引き裂き、幅は共に安定しましたが、このジグ部品だけで想像以上に出費が重なり、嬉しいような悲しい気持ち...